SCRATCH version 2.0 入門

Getting Started With SCRATCH

スクラッチのサイトに掲載されている入門ガイド「Getting Started With SCRATCH verion 2.0」の日本語訳「SCRATCH version 2.0 入門」です。
スクリーンショットも日本語版の画面に差し替えています。
 
原本:Getting Started With SCRATCH verion 2.0(PDFファイル)
https://resources.scratch.mit.edu/www/guides/en/Getting-Started-Guide-Scratch2.pdf
 
SCRATCHのページhttps://scratch.mit.edu/
 
ヒントのページ
https://scratch.mit.edu/tips
 
 

はじめに(Getting Started)

 
SCRATCHは、独自のインタラクティブな(対話的にやり取りできる)ストーリー、アニメーション、ゲーム、音楽、アートを作成するためのプログラミング言語です。
Getting-Started-Guide-Scratch2 図1
 
このガイドでは、SCRATCHでプロジェクト(作品)を作成する方法を説明します。
 
Getting-Started-Guide-Scratch2 図2
新しいプロジェクトを開始するには、ウェブブラウザでSCRATCH(https://scratch.mit.edu/)のページに進み、[作る]をクリックします。
 
Getting-Started-Guide-Scratch2 図3
SCRATCHのアカウントを持っていれば、サインインしてプロジェクトを保存することができます。
 
 

1動かしてみる(Start Moving)

 
Getting-Started-Guide-Scratch2 図4
[10歩動かす]ブロックをスクリプト領域にドラッグ(移動)します。
 
Getting-Started-Guide-Scratch2 図5
ドラッグしたブロックをクリックして、猫を移動させてみよう。
 
 

2音をならしてみる(Add a Sound)

 
スクリプトの音カテゴリーをクリックします。
Getting-Started-Guide-Scratch2 図6
[1のドラムを0.25拍鳴らす]をドラッグして[10歩動かす]ブロックにスナップ(密着)します。
 
Getting-Started-Guide-Scratch2 図7
クリックして聴いてみよう。
聞こえない場合は、コンピュータのサウンドがオンになっていることを確認してください。
 
Getting-Started-Guide-Scratch2 図8
プルダウンメニューから別のドラムを選ぶことができます。
 
 

3踊らせてみる(Start a Dance)

 
Getting-Started-Guide-Scratch2 図9
別の[10歩動かす]ブロックを追加します。
ブロックの数字をクリックし、マイナス記号を入れて[-10歩動かす]にします。
 
Getting-Started-Guide-Scratch2 図10
いずれかのブロックをクリックして、スタックを動かしてみます。
 
Getting-Started-Guide-Scratch2 図11
別の[1のドラムを0.25拍鳴らす]ブロックを追加し、ブロックの数字を変更して別のドラムを選択します。
クリックして動かしてみましょう。
 
 

4繰り返してみる(Again and Again)

 
Getting-Started-Guide-Scratch2 図12
スクリプトの制御カテゴリーにある[10回繰り返す]ブロックをドラッグしてスタックの上にドロップします。
[10回繰り返す]のくち(開いているところ)が他のブロックを囲むようにします。
 
スタックをまとめてドラッグ(移動)するには、一番上のブロックをクリックしてスタックを選びます。
 
Getting-Started-Guide-Scratch2 図13
[10回繰り返す]ブロックの数字を変えると、繰り返す回数が変わります。
クリックして実行してみましょう。
どのブロックでもいいのでクリックすると、スタック(ブロックが集まったプログラム)が動きます。
 
 

5セリフを入れてみる(Say Something)

 
Getting-Started-Guide-Scratch2 図14
[見た目]カテゴリをクリックし、[Hello!と2秒言う]ブロックをドラッグします。
 
Getting-Started-Guide-Scratch2 図15
[Hello!と2秒言う]ブロックの中にあるHello!の部分ををクリックすると、言葉を入力して変えることができます。
クリックして試してみましょう。
 
Getting-Started-Guide-Scratch2 図16
一番上に[Hello!と2秒言う]ブロックをスナップします。
 
 

6グリーンフラッグ(Green Flag)

 
Getting-Started-Guide-Scratch2 図17
イベントカテゴリのGetting-Started-Guide-Scratch2 図18[グリーンフラッグがクリックされたとき]ブロックをドラッグして一番上にスナップします。
 
ステージの上にあるグリーンフラッグアイコンをクリックするたびに、スクリプトが開始されます。
Getting-Started-Guide-Scratch2 図19
停止するには、八角形の停止ボタンをクリックします。
 
 

7色を変えてみよう(Change Color)

 
ちょっと違うことをしよう…
 
Getting-Started-Guide-Scratch2 図20
スクリプトの見た目カテゴリーの[色の効果を25ずつ変える]ブロックをスクリプト領域にドラッグしてこれまでのブロックと離しておきます。
 
Getting-Started-Guide-Scratch2 図21
このブロックをクリックして効果を見てみましょう。
 
 

8キーを押してコントロールしよう(Key Press)

 
Getting-Started-Guide-Scratch2 図22
スクリプトのイベントカテゴリーのGetting-Started-Guide-Scratch2 図23[スペースキーが押されたとき]ブロックを、[色の効果を25ずつ変える]ブロックにスナップします。
 
キーボードのスペースキーを押してみましょう。
 
Getting-Started-Guide-Scratch2 図24
[スペースキーが押されたとき]ブロックのスペースキーは、プルダウンメニューから別のキーに変更することができます。
 
 

9背景を加えよう(Add a Backdrop)

 
ステージには背景を付け加えることができます。
 
Getting-Started-Guide-Scratch2 図25
ステージの新しい背景にあるライブラリーから新しい背景を追加をクリックします。
 
背景ライブラリーから背景を選びましょう。
Getting-Started-Guide-Scratch2 図26
たとえば、音楽とダンスカテゴリーのspotlight-stageをクリック。
OKをクリックして完了。
 
新しい背景がステージに表示されました。
Getting-Started-Guide-Scratch2 図27
 
 

10スプライトを追加しよう(Add a Sprite)

 
Scratchではそれぞれのオブジェクト(猫などのキャラクター)をスプライトと呼びます。
Getting-Started-Guide-Scratch2 図28
新しいスプライトを追加するには、新しいスプライトの右側にあるボタンの1つをクリックします。
 
新しいスプライトボタンには次の4つがあります:
Getting-Started-Guide-Scratch2 図29スプライトをライブラリーから選択
Getting-Started-Guide-Scratch2 図30新しいスプライトを描く
Getting-Started-Guide-Scratch2 図31ファイルから新しいスプライトをアップロード
Getting-Started-Guide-Scratch2 図32カメラで新しいスプライトを作る
 
Getting-Started-Guide-Scratch2 図33
このスプライトを追加するには、スプライトライブラリーのカテゴリー[人]をクリックし、[Cassy Dance]を選んでOKを押します。
 
Getting-Started-Guide-Scratch2 図34
選んだキャラクター(スプライトは)をドラッグして好きな場所に置くことができます。
 
 

11探求しよう(Explore!)

 
さあ、スプライトに何かさせてみましょう。
以下を試してみるか、自分で調べてみてください。
 
サウンドを加えよう
Getting-Started-Guide-Scratch2 図35
音タブをクリックします。
音をライブラリーから選択したり、新しい音を録音、ファイルから新しい音(MP3、AIF、WAVフォーマットが使えます)をアップロードすることができます。
Getting-Started-Guide-Scratch2 図36
スクリプトタブをクリックして、[~の音を鳴らす]ブロックをスクリプト領域にドラッグします。
鳴らしたい音は、[~の音を鳴らす]ブロックのプルダウンメニューから選べます。
 
コスチュームを変えよう
Getting-Started-Guide-Scratch2 図37
スプライト(キャラクター)にはいくつかのコスチュームが用意されています。
コスチュームを変えるには、まずコスチュームタブをクリックします。
違うコスチュームをクリックしてスプライトを変えましょう。
 
アニメーション
Getting-Started-Guide-Scratch2 図38
コスチュームを切り替えることでスプライトをアニメーションできます。
[スクリプト]タブをクリックします。
見た目カテゴリーにある[コスチュームを切り替える]ブロックや、制御カテゴリーの[~回繰り返す]ブロックなどを使ってスクリプトを作成します。
 
 

12ヒント(Tips!)

 
自分で作ったプロジェクト(作品)にはタイトル(名前)をつけることができます。
Getting-Started-Guide-Scratch2 図39
 
もっとアイディアが欲しい時には、メニューバーのヒントをクリックしましょう。
Getting-Started-Guide-Scratch2 図40
 
ヒントのウィンドウでは、ステップ・バイ・ステップタブでチュートリアルとして入門用のサンプルを見ることができます。
Getting-Started-Guide-Scratch2 図41
 
使い方タブでは、自分のプロジェクトに応用できそうなスクリプトのサンプルを見ることができます。
Getting-Started-Guide-Scratch2 図42
 
ブロックタブでは、各ブロックの詳しい使い方を調べることができます。メニューバーの?ボタンをクリックしておいて調べたいブロックをクリックして調べることもできます。
Getting-Started-Guide-Scratch2 図43
 
 

保存しよう、シェアしよう(Save and Share)

 
プロジェクト(作品)をオンラインで保存するには、サインインします。
Getting-Started-Guide-Scratch2 図44
(ファイルをコンピュータのドライブに保存する場合は、[ファイル]メニューをクリックし、[手元のコンピュータにダウンロード]を選択します)。
 
プロジェクトが完成したらプロジェクトページ参照をクリックしてみましょう。
Getting-Started-Guide-Scratch2 図45
 
プロジェクトページ
Getting-Started-Guide-Scratch2 図46
フルスクリーンボタンGetting-Started-Guide-Scratch2 図47をクリックするとステージが画面全体に広がります。
 
あなたのプロジェクトを誰もが見て遊べるようにするには、共有ボタンGetting-Started-Guide-Scratch2 図48をクリックします。
 
プロジェクトに関する使い方やメモを入力しましょう。
 
共有すると、他の人が訪問してプロジェクトとやり取りすることができます。
 
さて次は?メニューの作るGetting-Started-Guide-Scratch2 図49をクリックして新しいプロジェクトを始めるか、それとも見るGetting-Started-Guide-Scratch2 図50をクリックして誰かの作品のアイディアを探してみましょう。
 
もっと詳しく調べるには、メニューのヒントGetting-Started-Guide-Scratch2 図51をクリックするか、https://scratch.mit.edu/tipsにアクセスしてください。
 
 
スクラッチは、インタラクティブなインタラクティブ(対話的にやり取りできる)なストーリー、ゲーム、アニメーションを簡単に作成できるようにするプログラミング言語であり、ウェブ上で他の人と作品を共有しあうことができます。 スクラッチは、MITメディアラボのライフロング・キンダーガルテン・グループ(http://llk.media.mit.edu)によって開発されました。 私たちのグループは、幼稚園のブロックやフィンガーペイントの精神に基づき、人々がデザインし、作り、学ぶことができる範囲を広げる新しい技術を開発しています。
 

Scratchプロジェクトは、National Science Foundation、Intel Foundation、Microsoft、MacArthur Foundation、LEGO Foundation、Google、Dell、Inversoft、およびMIT Media Labの研究コンソーシアムからの資金提供を受けてサポートされています。
 
NSFグラント0325828および1002713によってサポートされています。このサイトで示された意見、発見、結論または推奨事項は著者のものであり、必ずしも国立科学財団の見解を反映するものではありません。

 
 
 
※Scratchは MITメディア・ラボのライフロング・キンダーガルテン・グループによって開発されました。詳しくはhttps://scratch.mit.eduをご参照ください。